印刷データ作成上の注意点

データ作成上の注意点

カラーモードやトンボなどデータ作成上の注意事項をご案内しております。

カラーモードデータはCMYKカラーで作成して下さい。

カラーモードが設定できるアプリケーションは必ずCMYKモードで作成してください。
カラーモードが設定できないアプリケーション、またCMYK、グレースケール、モノクロ2階調以外のデータは弊社の変換プロファイルにて変換します。その際、色調の変化はご了承願います。
色の原理と再現性

PCモニタやカラープリンタ出力物と印刷物との色味は異なります。

RGBカラー

R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)の光の三原色で表現する方法。ディスプレイ、デジタルカメラ等で使われている方法です。

 

RGB

CMYKカラー

C (シアン)、M(マゼンタ)、Y (イエロー)の3色で色を表現する方法。3色で黒を表現するのは難しいので、印刷ではこれにK(黒)を足して表現しています。

CMYK

RGBとCMYKは表現できる色が違うため、再現できる色の範囲が異なります。RGBの色の表現できる範囲のが広いため、CMYKに変換するときにCMYKで表現できる範囲で色を置き換えます。その際にくすんだ色調になってしまう事がございます。

スポットカラー(特色)スポットカラーをご使用の場合は、プロセスカラーに変更してご入稿下さい。

カラーの設定で「スポットカラー」を使用する場合がありますが、4色の印刷ではCMYKのプロセスカラーに全て置き換える必要があります。
そのままでは問題点が幾つかあり、弊社ではアプリケーションのデフォルト値でプロセスカラーに変換します。
「スポットカラー」はCMYKで完全に表現する事は困難で、色調が変わってしまいます。事前にプロセスカラーに変更して頂きますようお願い致します。

仕上がりサイズとトンボ仕上がりサイズから外側に3mm程の「塗り足し」と「トンボ」が必要です。

印刷用のデータは、一般的に仕上がりサイズから外側に3mm程の「塗り足し」と「トンボ」が必要になります。

塗り足しについて

「塗り足し」は、印刷から断裁加工の工程で紙の収縮や断裁時の誤差が起こる事を想定して作成します。
「塗り足し」が作られていない場合、断裁の微妙なズレにより回りに不規則な幅の白い隙間が発生します。
「塗り足し」は画像も含め、全てのオブジェクトに対して必要になりますので、画像のトリミングは断裁の事を考慮した注意が必要です。

仕上がり線付近のオブジェクトの配置は十分注意して下さい。
仕上がりサイズより内側にズレが起こる場合もありますので、文字や切れてはいけない物は仕上がりサイズから2〜3mm程内側に配置します。回りが白の場合は特に気にする必要はありませんが、仕上がり線付近のオブジェクトの配置は十分注意して下さい。

トンボについて

「トンボ」は印刷機上での見当合せ(CMYKの各インクにズレがなく重なっているか)、断裁加工時の目安にする上で必要です。仕上がりサイズに対して作成します。

罫線の設定罫線の設定は必ず「線」に設定し、線幅は0.2pt以上にして下さい。

罫線のカラー設定において、カラーパレットで「塗り」だけに設定がされている場合があります。
この場合、モニタ上やプリンタでは正常に表示されている様に見えますが、実際の印刷工程ではほとんど見えない極細線として処理されます。
罫線の設定は必ずカラーパレットで「線」に設定し、線幅は0.2pt以上に設定して下さい。


オーバープリントとリッチブラック「オーバープリント」「リッチブラック」の設定には充分ご注意下さい。
トンボについて

弊社の印刷工程では、基本的に「ブラックオーバープリント」の処理を行います。
印刷機上では紙の収縮等により見当ズレ(CMYKインクの微妙なズレ)が発生する場合があり、罫線や細かい文字など若干ズレて印刷されてしまう事があります。特にK100%の罫線や文字は白い隙間が目立つので、K100%のオブジェクトのみを下のオブジェクトに対して上にのせた状態にします。
この「ブラックオーバープリント」の処理により、K100%のオブジェクトの回りの白い隙間は目立たなくなります。
「ブラックオーバープリント」処理をしない方が良い場合もあります。 下記の「リッチブラックについて」をお読み下さい。

リッチブラックについて

K100%は下地の色が完全に見えなくならないため、下にあるオブジェクトが若干透けて見えてしまいます。
そのため、広い面積の場合や重なりあったオブジェクト(イラスト等)は、下地の色が目立つ事があり、下地が見えない工夫をする必要があります。
回避方法としては、K100%に他の色を1%ずつでも混ぜると「ブラックオーバープリント」の処理はされませんので、ほぼK100%の色で印刷され下地の色は目立たなくなります。K100%のみでは濃度が足りない場合、「リッチブラック」にすることで黒をより黒く出来ますが、その場合のカラー設定に注意が必要です。

リッチブラックの注意点

Kが100%として、CMYKの総量が320%を超えないようにして下さい。
これは印刷の問題で、例えばCMYK全て100%の総量400%のデータで印刷した場合、インクの乾きが非常に悪く、紙の収縮が激しくなったりインクが裏写りしたりするため印刷品質に問題が起こります。

「リッチブラック」を罫線や文字部分で使うと、紙の収縮等により見当ズレが起こるとK100%以外の色がずれて見えてしまいます。どうしても必要な部分のみ設定をして下さい。

RGBで作られたデータをCMYKに変換すると「リッチブラック」と同じような設定になります。
モニタ上ではK100%に見えても実際はCMYKに色が入っています。そのまま1色で印刷すると濃度が足りない印刷物になります。グレースケールに変換すると正常なカラー設定に戻る場合がほとんどですが、この場合の意図したものでは無い「リッチブラック」の設定には十分注意して下さい。

「オーバープリント」に関するトラブルが非常に多くなっています。

アプリケーション上で、意図していない部分に「オーバープリント」が設定されている場合、その設定が有効になります。特に、白いオブジェクトの「オーバープリント」設定は、白抜きにならず透明になり消えてしまいます。一般的なプリンタの出力では「オーバープリント」の設定がうまく表現出来ない場合がほとんどです。オーバープリントプレビュー機能を使用してモニタ上で確認し、アプリケーションでの設定に注意して下さい。

埋め込まれたオブジェクト埋め込まれたオブジェクトのカラーモードを確認して下さい。

埋め込まれたオブジェクトのカラーモードがCMYKかグレースケールになっている事を確認して下さい。
それ以外のモードの場合CMYKに変換され、色調が若干変わる場合がありますのでご了承願います。


フォントのアウトライン化フォントは全てアウトライン化して下さい。

フォントに関する問題が多いため、フォントは全てアウトライン化して下さい。
弊社にないフォントをご使用の場合は、アウトライン化をしていないと、文字化けが発生します。

【アウトライン化の方法】(Illustrator)
1. フォントのアウトライン化をする場合、初めにオブジェクトやレイヤーのロックを解除して下さい。
2.〔文字〕→〔アウトラインの作成〕より、フォントをアウトラインして下さい。
3. アウトライン化されてないフォントが残っていないかご確認下さい。
  (〔文字〕→〔フォントの検索・置換〕でご確認いただけます。)

【グラフィックス化(アウトラインの作成)の方法】(InDesign)
1. ロックを解除し、文字のボックスを選択して下さい。
2.〔書式〕→〔グラフィックス化(アウトラインの作成)〕より、フォントをグラフィックス化して下さい。

InDesignのPDF/X-1a形式での入稿のみフォントの埋め込みが可能です。

パターン作成に文字を使用する場合も、必ずアウトライン化して下さい。

パターンを作成する際に文字を使用する場合も、必ずアウトライン化してからパターンを作成して下さい。
フォントが無いと印刷が出来ない場合があります。
サポートセンター